Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://huuraijin.blog101.fc2.com/tb.php/461-1b45cf41

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1235]

誰やねんwwwwwwwwwww
最初の黒いフードというところから、私の頭の中ではキングダムハーツになっていましたよ^q^
私も小学生の頃に寝ていた場所が天井にシミ・枕もとに古いテレビ・足元に鏡台というリングを見た後だと鬼畜仕様だったので、未だに「起きてすぐに天井・テレビ・鏡台を確認する夢」を見ますよww絶対トラウマになっているのだと思いますwww
  • 2009-08-20
  • かめイチ
  • URL
  • 編集

[C1238]

ほんまですよwびっくりですわw

>キングダムハーツ
残念ながらあんな美少年らではなく髭面の浮浪者みたいな奴でした

>シミ・古いテレビ・足元に鏡台
無理です寝れないですww
リングは怖くてちょっとしか見てないですけどねw

ま、つまりトラウマだからそばに来てよと?
抱きしめてよと?
そういうことですね!

  • 2009-08-25
  • 影武者@わふー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

憧れに押しつぶされてここまで来たんだ

おはこんばんちわです わたしです


先日も記事に書きましたが、幼少時からずっと変な夢をみます

その夢をまた昨晩見てしまいました


で、最近小説みたいのが書きたくなっちゃってたので

その夢で書いてみました


ちょっとばかし脚色しましたが ノンフィクションです

と、言うか夢の話はノンフィクションなのでしょうか






見るに耐えない文章なので

死にたいくらい暇な方は追記ボタンを押してくださいね★
「またこの夢か」

心地よいほどの雨が降っている
食い荒らされたかのように廃れた町並み
草木も枯れ 呼吸をしているのは自分だけのようだ


何度見ても変わらない風景
こんなに何度も見ればこれから自分がどうなるかもわかる

予想通り 黒いフードに身を包んでいる“そいつ”は姿を現した
距離は40mほど先 “そいつ”はこちらをジッと見据えている
フードを深く被っているので“そいつ”の顔はわからない

危機は感じている 何度も経験したことだ
自分の結末がわかっていながらも歩を進める愚か者はいないだろう

だが俺は愚か者だった
ゆっくりと 作業のように歩を進めた



すると“そいつ”は笑った
笑ったように見えたんじゃない 確かに笑った
顔が見えないのに 笑ったのだと確信した それと、驚いた




「結末がわかっているのなら違うパターンをとればいい」
初めてそう考え付いたのは 何度目の時だろう

覚めろ覚めろと念じたのは3回目の時であろうか。 念じると“そいつ”はこちらに歩いてきた。
背を向けたのは10回目の時であろうか。 振り向いた先で“そいつ”を見たときは絶望した。
戦おうと勇気を振り絞ったのは何回目の時だ? 成す術も無く無残に殺されたのはいつだったか。


「目が覚める時は 死ぬ時」

もうずいぶんと昔のことだ
そう理解したのは

そう、諦めたのは


だからもう恐れはない
これはただの悪い夢 目が覚めればまた日常に戻ることができる

『考え』という能力は捨てた 感情も何もかも捨てた



そんな俺を見て嘲笑ったのか
“そいつ”が笑ったのは初めてだったので 俺は驚愕し歩を緩めてしまった


そうか
ならば目が覚めても覚えておこう


“そいつ”に笑みがあったこと

そしてまた歩を進める 笑みの無い愚か者のことを




近づくにつれて “そいつ”が大きくなっていく

距離2m
何度も経験したんだ怖くは無い

だが何故だ


鼓動が高鳴るのは


一度刺されるだけだ 一度刺されれば俺は殺されて目が覚める


だが何故だ

身体が強張るのは


俺は『考えた』
あまりに考えすぎたのだろう
もう目の前に“そいつ”がいたことも気がつかなかった

下を向いてた俺の目が“そいつ”の目を捉えて やっと気づいたのだ


さあ刺せ 刺して目覚めさせろ

早く殺せ この胸の高鳴りは不快だ

そして祈ろう 次見る夢は幸せなものであれと


そう想いながら 俺はそこに立っている殺人鬼を通り過ぎた







「な、なんで・・・・」


何で刺されなかった
何度も同じ夢だったのに
何度も刺されて そして目が覚めたはずなのに


後ろから笑い声が聞こえる
聞き覚えのある声だった


振り向かず俺は“そいつ”に問う


「お前は・・・お前は誰なんだ・・・」


笑い声が止まる





布が地面に落ちる音がする








俺は意を決して振り向いた









目の前には一人の男







「お、お前はっ・・・・!」




“そいつ”は並びの悪い黄ばんだ歯を覗かせて



俺を刺した








ヤニで黄ばんだ自室の天井が目に映った

何故だか目も頭も完全に冴えている


震える手を強く握り締めこう呟いた








「・・・・誰やねん」







引き伸ばしたわりにたいしたオチでもなかったですね!

オチを勝手に作ろうかと思いましたけど

いいのが思いつかなかったのでそのままでいきました



今思い出してもこえーな


それではっ わふー♪
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://huuraijin.blog101.fc2.com/tb.php/461-1b45cf41

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1235]

誰やねんwwwwwwwwwww
最初の黒いフードというところから、私の頭の中ではキングダムハーツになっていましたよ^q^
私も小学生の頃に寝ていた場所が天井にシミ・枕もとに古いテレビ・足元に鏡台というリングを見た後だと鬼畜仕様だったので、未だに「起きてすぐに天井・テレビ・鏡台を確認する夢」を見ますよww絶対トラウマになっているのだと思いますwww
  • 2009-08-20
  • かめイチ
  • URL
  • 編集

[C1238]

ほんまですよwびっくりですわw

>キングダムハーツ
残念ながらあんな美少年らではなく髭面の浮浪者みたいな奴でした

>シミ・古いテレビ・足元に鏡台
無理です寝れないですww
リングは怖くてちょっとしか見てないですけどねw

ま、つまりトラウマだからそばに来てよと?
抱きしめてよと?
そういうことですね!

  • 2009-08-25
  • 影武者@わふー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

影武者@わふー

Author:影武者@わふー
殺人予告から
駈け落ちのお誘いまで
大抵のコメントは
終始全裸でお待ちしています

連絡用メールアドレス
meido_gekilove★hotmail.co.jp
(★は@に変えて下さい)



プロフィール画像は
ぶるぐMk-Ⅱの管理人である
ぶるおさんに頂きました

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも一覧


■ ブログ名:真っ赤なブルー

■ ブログ名:Mezzot *

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。