Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://huuraijin.blog101.fc2.com/tb.php/512-1ca25845

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1333]

わふーたんこんにちは。
みんな大好きポーパスです。
お元気そうで何よりwwwwww
今日の下着の色は肌色だね。すなわちのんぱんてぃー
じゃあまたきます。
  • 2011-08-06
  • ポーパス
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

健康な体があればいい

その日は今日より、強い雨が降っていた


ビニール傘が、雨と接触を行うたびに、鈍い悲鳴を上げる


その音に風流やらを感じる者もいるそうだが、断末魔にしか聞こえないな



と感傷に浸りながら、路地を歩く



先の角を曲がると、一人の少年が傘も差さずに立ちつくしていた



その少年の表情は、どこか悲しげで、


しかし、うっすらと、笑みを浮かべているように見えた





「なんだ気味の悪い。禿げてしまえ。」


小声で罵倒し、気づかれぬ内に少年の横を通り過ぎようとした瞬間



少年が、一言。

「…ふっ、これが世界の選択か…」





俺は驚いた


そして、笑ったしまった



グプゥ


って感じで笑ってしまった




少年はびくりと身を跳ねさせ、こちらを向く



この寒さの中で、顔を赤らめていた




少年は走り出した




耐えられなかったのだろう




走り出した





そして、車に跳ねられた






宙を舞う、その少年の姿は


不謹慎にも 美しいと思ってしまった








最後の美しい姿を見せた後


重力に抱かれ 少年は地へと叩きつけられる






俺は泣いた




叫び地面を叩いた



すぐさま車は方向を変え その場から離れていく




小さくなっていく車を憎んだ




少年を笑った自分を憎んだ




そして世界を憎んだ





俺は震える声で、言った。




「これが… …世界の選択か…!」

と。



すると後ろから、くすっ と笑い声がした





若い女性だった





俺は走った。



違うんだ。



今のは違うんだ



場の空気的に言っちゃったんだ



本心じゃないんだ




走りながら叫んだ







身体が、車のヘッドライトに照らされた時 全てが遅かった




走馬灯の中で俺は思った





「フィクションなんだから、もう少し面白く書けなかったかなあ」






と。





あえて、ひとつ言うとしたら



車に轢かれたのは、ノンフィクション








-終-

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://huuraijin.blog101.fc2.com/tb.php/512-1ca25845

0件のトラックバック

1件のコメント

[C1333]

わふーたんこんにちは。
みんな大好きポーパスです。
お元気そうで何よりwwwwww
今日の下着の色は肌色だね。すなわちのんぱんてぃー
じゃあまたきます。
  • 2011-08-06
  • ポーパス
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

影武者@わふー

Author:影武者@わふー
殺人予告から
駈け落ちのお誘いまで
大抵のコメントは
終始全裸でお待ちしています

連絡用メールアドレス
meido_gekilove★hotmail.co.jp
(★は@に変えて下さい)



プロフィール画像は
ぶるぐMk-Ⅱの管理人である
ぶるおさんに頂きました

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも一覧


■ ブログ名:真っ赤なブルー

■ ブログ名:Mezzot *

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。